男心が分からない?そんなあなたは、
一番右のボタンをクリック!

プロフィールを少し教えていただければ、
無料で本格鑑定いたします。

MENU

メールに気を配れる女子に!男性心理を支配できるモテテクニック

送信する時間帯も大事!気遣いメールで男性心理を支配

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

スマホを使う女性

自分の都合でいつでも送ったり読んだりできるところがメールの良い点ですが、だからこそちょっとした気遣いが大切です。

たとえば夜遅くに送信しないこと。いくらいつでも読めるとは言え寝ている時にメールの着信音で起こされては、どんなに内容が素敵でもイラッとしてしまいます。

相手の生活時間帯を考え、仕事中や寝ている時間帯、朝早い時間帯に送信するのは避けるようにしましょう。

仕事後や休日に送信するのがオススメです。どうしても忙しい時間や夜中に送らなくてはならない時は、「起こしたらごめんなさい」と一言付け加えるだけでも印象が良くなります。

メールから「この人は気の利く女性だ」と感じてもらえれば、「会いたい」と思ってもらえる可能性が格段にアップするでしょう。

メールは一方的に送るものだからこそ、相手を気遣う姿勢が大切なのです。

すぐに男性心理を知りたい方はコチラ

気になる彼の気持ちを知る >>

王道テクニックは今でも十分有効!

「ハートマークはやりすぎかな」「ちょっと王道すぎるかな」と思ってしまうかもしれませんが、そんなことはありません。男性にはわかりやすいアピールの方が有効です。

本文にハートマークが入っていると「自分に好意を持ってくれている」とハッキリ感じるため、あなたに対する印象が良くなるでしょう。

メールは相手の顔が見えず、文字だけで感情を判断するもの。絵文字が入っていないと、冷たい印象や事務的な印象を与えてしまう可能性があります。

ハートマークは暖かい印象の代表的な絵文字。男性はメールにハートマークが入っていると、素直に嬉しいと感じます。

王道は効果があるからこそ王道なのです。ただし乱発は控えてください。何個も連続でハートマークを使うと、幼い印象を持たれてしまうかもしれません。

良いメールは会えない時でも存在をアピールできる

「メールのテクニックだけで両思いになれるわけない」と考えてはいませんか?

メールは相手の心に自然と入り込むことができる武器です。メールのテクニックを上手に活用できれば、両思いになる確率を格段にアップさせることができるでしょう。

特に大きいメリットは、直接会えない時でもあなたの存在を相手にアピールすることができる点。

たとえば休日や遠距離でも、メールをすることによってあなたがいつも傍にいるような錯覚を相手に与えることができます。

家などのプライベートな空間でメールをすれば、あなたとの仲が親密になったような感覚がするでしょう。

やりとりを続けているうちに、だんだんあなたのことが気になる存在になっていくはずです。

男性を喜ばせるようなメールテクニックを身に付けて、男心を掴みましょう。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone
PAGE TOP ↑