男心が分からない?そんなあなたは、
一番右のボタンをクリック!

プロフィールを少し教えていただければ、
無料で本格鑑定いたします。

MENU

同棲は気楽に考え、結婚生活は責任感が男性心理に芽生える

男性は同棲を交際の延長線として捉えている

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

2本の歯ブラシ

結論から言えば、結婚と同棲は男性の気持ちのあり方が大きく異なります。

同棲はあくまでも「一緒に住んでいるだけ」。交際の延長にあたるため、男性は特に大きな責任も背負わずに気楽に過ごしているものです。

恋人同士の楽しい時間を過ごすだけの期間であり、結婚した時に感じるような責任や大変さとはほぼ無縁。

むしろ彼女に食事を作ってもらったり掃除をしてもらったりと、男性側のメリットの方が大きいでしょう。

うまくいかなければ同棲をやめればいいか」くらいの軽い気持ちで一緒に住んでいる場合がほとんどで、基本的に自分を中心に考えます。

つまり、同棲をどれだけ続けても彼はあまり成長しません。ずっと今の状態のまま年を重ねることになるでしょう。

ただ、いつまでも恋人気分でイチャイチャを続けるには同棲の方が向いているかもしれません。

すぐに男性心理を知りたい方はコチラ

気になる彼の気持ちを知る >>

社会的な責任が生じるため同棲していた時に比べてしっかりする

結婚するということは、社会的な責任を背負うということです。妻や子供を養い、守っていかなくてはなりません。

また正式に家族になることで、その後は親戚との付き合いや冠婚葬祭などの行事も増えるでしょう。結婚することで、男性には少しずつそういった責任感や意識が芽生えていきます。

つまり、彼氏から夫・父へと次第に代わっていくのです。結婚した時点からどんどん成長していくでしょう。

たとえ最初は頼りなくても、だんだんとしっかりしていくはず。そして家族を中心に考えるようになり、家族のために仕事にも集中していくでしょう。

数年経って気が付いた時には、すっかり頼れるパパに変わっているかもしれません。

ただ、子供ができて家庭が安定すると、恋人時代のように甘いひとときは過ごしにくくなる可能性もあります。

同棲は期間を決めて行なう

同棲のメリットは、結婚生活の予行演習になることです。二人の生活費が必要になるため、彼の金銭感覚や収入を確かめるには絶好の機会でしょう。

その他にも、部屋探しの仕方や休日の過ごし方など、ただ付き合っているだけでは見えてこない彼の価値観や考え方を色々と確認することができます

結婚してから「こんなはずじゃなかったのに…」と思うリスクを減らすことができるはず。ただし気を付けていないと、ダラダラといつまでも同棲生活が続いてしまいがちです。

楽しい時間を過ごすことに満足してしまい、気が付いたら結婚適齢期が過ぎている…なんてことにもなりかねません。

それを防ぐためには、同棲する期間をあらかじめ決めておくのが有効です。期間を決めておけば、お互いに結婚の話も切り出しやすくなるでしょう。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone
PAGE TOP ↑